嘘の息子覚書控え

本家の控え

2020-03-31

「もう名前も覚えていないような教員に、ふとしたタイミングで「きみは文章がうまいな」と言われた記憶が、いまの自分の心のわりと大事な戸棚にしまってあったりします。しんどい時に、たまにその戸棚を開けて眺めたりするので、誰かを軽率に褒めるのって、大事だよなあと思っています。」

「こないだ齢百で亡くなった
死ぬ間際はずっと朝鮮からの引き揚げの時にもう助からないと目に見てわかる姉を置き去りにしたことを後悔していたことばかり話していた
これまで引き揚げの最中死んだ人たちが路端に放置されたら追い剥ぎにあっていたのを見ていたからこそ姉もそうなるのだと思って辛くてならなかったと」

「「我が闘争」の中に「同じ話を何度も繰り返せ。そうしたら、相手は「ここまで同じ話をするということは、実は相手にも(俺が見落としてる)言い分があるのか?」とか「僕の意見に僕の気づかない間違いがあるのか?」と「勝手に」反省し出す…とあるらしいですが、まぁ知識人の性質をよく知ってますよね」

「う~ん、運命の異性なんていなくて、相手を大切に一緒に過ごした時間が少しずつ相手を運命の人にしていくんだと思うぞ?」

「シュレッダーを注文する際に通販サイトのレビューを眺めていたら「とあるジャンルの本を処分する為に買ったが、それとわかる肌色の紙くずが大量に生まれただけだったので緑あふれる自然の写真とブレンドして誤魔化した」みたいなのを見つけて、ふふ、ってなった。」

「>ではこの閃光のナイトレイドを見てみよう
夏の陰影だけで百点満点をあげられますよ私は」

「他人から見ると矛盾しているように見えても、その人間の中では矛盾せず一貫している法則性が『人格』だ」

100万回生きたねこから得た教訓は
何度でも蘇る怪物を殺すには心を折ればいいということ」

「私は「語彙力のなさを冗談で演じているうち、やがて本当に語彙力を喪失する」というインターネット的な本末転倒はよくないと思ってるよ。みんなで合い言葉の会話をするのは楽しいだろうけど、自分の感じたことをきちんと表明するボキャブラリーは絶対に必要なんだ」

「(甲鉄城のカバネリ
前半でおもしれーってなって後半でなんか違うってなって劇場版でこれだよこれ!って歓喜した
総合すると90点くらいにはなるアニメ」

「『全日本妹選手権』に(確か)悪陣営に洗脳されている少女が記憶を取り戻していく展開選手権みたいな概念がセリフでだけ出てきて、「選手権シリーズもだいぶ煮詰まってきたな」みたいなことを言う回があったんですが、アレが日単位で繰り返されている場所がDLsiteだよな。」

「排除や悪意の対象にされるのが怖くて表面上必死に"普通"を装うのって心身共に本当に疲れるんですよ。」

「あらゆるメディアで起きるのだが「売れたのは確かだけど語る人が少ない分野」というのが生まれがちである。そうすると果てし無く印象が薄れていってしまう。PCゲームにはそういう真空地帯が多い。評論家というのは必要なのだ。ベーマガ山下章氏の記事が、いかに偉大だったか今になって分かる…。」

「個人的に百合は定義じゃなく感覚で、同じものを食べて甘いと感じる人とそうでない人がいるように、万人が納得する百合の境界線なんて生まれ得ないと思ってる。
自分が甘いと思うものを他人に甘いと思ってもらおうと(またはその逆を)頑張るより、味覚の合う人と楽しくやっていく方がきっと幸せだよ。」

「割と典型的というか
プロジェクトで主力じゃなかった人ほど成果物に取り憑かれて狂う現象」

「新ひぐらしが原作竜騎士07×構成ハヤシナオキ (久弥直樹)×キャラデザ渡辺明夫(ぽよよんろっく)×音楽川井憲次で俺を殺す気なの?と思ってたらはじるすアニメ化も今更知って動揺 偏頭痛もしてきた 俺はいつの時代もノベルゲーに出てくる双子に殺されるんだよ 覚えてろお前ら 遺書はnScriptで書くぞ」

「ネットに接続している限り、オタクの自由な現実逃避先だったSNSも社会に飲み込まれてワイドショーになるので、秘湯とか廃墟とかこの世の果ての隠喩としての岬とか、もう最初からネットに接続していない物理的な現実逃避先を探すしかないんじゃないかと、最近考えている。」

「一芸に秀でる者は多芸に通ずるというけれど、これは「すごいやつは何でもすごい」と解釈するのではなく、「一つの専門領域を名刺代わりに使えるレベルに鍛えると、他科にお邪魔したときに、異物ではなく、最初から理想的なチームの仲間として迎えられる可能性がより高い」と解釈すべきなのだと思う。」

「>家の分家に分家した時のお祝い贈り物リストがあって半分以上の人から砂糖を送られていてどんだけ砂糖だよ!なんて思ったり
冠婚葬祭の当事者になると色んな所からいっぱい贈り物が来るから
保存がきいて使い道たくさんあって失礼にあたらない砂糖や砂糖菓子って最適解なのよ」

「今でこそ砂糖なんて、だけど俺がうんと小さい時には1kgの砂糖を2袋入れられる贈答用の箱もあったよ
祝儀でも不祝儀でも清酒と砂糖は贈答されたようで、実家の仏壇を整理した時に○年の誰某の葬儀で何処の誰が何を持って来てくれたか芳名帳に全部書かれてた
今は全部金封が当たり前になったけど」

「>正直ファンタジーにリアル求めるの間違ってるよなあ
>説得力なら分かるが…
リアルにこだわると違いのわかる自分感が簡単に演出できるからね」

「医療関係者が感染拡大しないように頑張っている結果、世間が「あれ?大したことなくね…?」ってなってきてるの、保守エンジニアが頑張ってるおかげでシステムトラブルが発生してなくて、経営者に「保守とかいらなくね?」と思われてるのと同じ感じがする…」

「エロ漫画はちゃんと用途にそえるように色々とバランスとって描かれてるけど現実はなんで…?と思うような性癖で溢れてるよ」

「『仲のいい二人組』を見て「相棒のために人を殺しそうな方」と「相棒のために死体を埋めそうな方」みたいな思考をする自分に気がついたので正座して反省します。」

「(ソ・ラ・ノ・ヲ・ト
ババアはバックトラックして小屋の天井に張り付いてる説は優しいから採用したい」

「なぜクリムトかという問いについてもっぱらクリムトの理解から見ると
東方(異質な文化)への深い関心や
女性家族と生涯をともにしたことなどに接点を見出したくある」

「現在の感覚で過去の作品を断罪したくないのは未来に復讐されたくないからで、「自分がどんなに真剣に考えても、いずれは未来の価値観から断罪されるんだろうな」と考えたら本当に空しくなる。」

「変化した受け手が、過去のまま変わらない作品を見る視線が変わってしまうの、短命種と長命種の関係に近い。」

「鬼太郎最終回見直してました。ねずみ男の「焼けちまった角のラーメン屋は二度と戻らねえ!」がいいなあ。イデオロギーを掲げた崇高な(と本人たちは思っている)闘争なりテロなりに、卑近で具体的な事例で反論するやつ大好きなんです」

「愛される馬鹿は社会では強力な存在で、好きな人は最初から馬鹿だと解っているので、彼らをどんなに「馬鹿だ!」と罵倒しても人気者で有り続けるのだ。」

以上。

2020-03-30

本家の不自由を改善するため、SleipnirChrome用アドオンをインストール。範囲指定が欲しい。

電雛、バックアップデータにも見当たらなかったので失われたものと思っていたのに、探し直したらあっさりと見つかってしまった。記録をたどってみたところ、『果てしなく青い、この空の下で…。』関連から知った、らしい。「本作戦は、SWORD社様の復刊を確認し次第、終了します。」という文章の意味が分からず、「SWORD社」で検索しても無関係と思われる会社が出てくるだけ。改めて「SWORD社 復刊」で検索してみると……復刊ドットコム東京創元社関連がいくつもヒットする。これかな? 今回の検索を踏まえて、バックアップ代わりに、電雛をkへ添付送信。もともと『送り雛は瑠璃色の』はkから教わったはず。

で、kはと言うと。
「クソ難しかった思い出しかないが

現実に非現実に遭遇したらあんなもんかというリアリティを感じたな

本棚の奥にあるので探そう」
元気そうで何より。

「文明がどれだけ発展しても、人間にとって最高の娯楽は酒とセックスで、お金があっても一気飲みする酒の種類が変わるだけ。それは、あまりにも夢がなさすぎる事実だった。」

2020-03-29

午後3時過ぎだったか、NHKラジオから前に聞いた声音の上坂すみれ再び……と、これは昨日の話。NHK-FMで3日続いたうちの横浜回の再放送だった。

先々週くらいだったか、NHKラジオでインド在住の食品関係の人の話が面白かった。『ドラえもん』が人気で、そこからどら焼きも人気になったけど、小豆は日本産でなければ駄目だとか。

天気予報通り、雨だったのが昼前から霙に、霰に、雪に。地面が白くなる程度には積もったものの、すぐに雨へと戻ったので、やがて全て解けてしまうだろう。

某板より。
「今夜は新横浜で豊嶋真千子のライブ、 SGガールズも選抜メンバーで復活するはずだったのに…」
豊嶋真千子25周年記念大感謝祭前夜祭「プレにゃんこフェスティバル」、ツイキャスで無観客配信だったらしい。新型コロナウイルス騒動が無かったら、札幌や博多は来ていたのかな。

「物語、特に戦いを題材にした物において、主人公が中年の男性の場合、多くが贖罪というテーマを孕んでいる。そしてどうすれば贖えるかも、大抵の場合はズバリ父親になる事だ。父親になるか死か。形態は多少変われども、本質的に問われているのはこのテーマであることが実に多い。」

2020-03-28

ふの付く某所より、ミニリボルバーに寄せて。
「二十年前にイタリアでそれと同じくらいのサイズで似たようなものをただのキーホルダーだと思って買ってきてしまい税関で大騒ぎになった
職員がゲートで引き金引いちゃってね、もうそれはそれは・・・
弾頭は無くて空砲みたいなものだったんだけど発射薬って砂粒みたいなものもまじっているので壁に無数の細かな穴と凹みが
本当に知らないで買ってきたと解ってくれたので没収と軽犯罪に5万の罰金で情状酌量?」
「日本人ってホントすぐトリガー引くよな
トイガン渡すとほぼ99%の人がガチガチトリガー引く」
『平成兜割り』の「虎徹という名の剣」では、刀剣フェスティバルの会場で刀を振り回す客に苦言を呈していたなあ。

本家がまた仕様変更、かなり使い勝手が悪くなってしまった。止めていた無限スクロールの設定、どこへ。フォントもおかしいし、Sleipnirではアドオンも無効に。

「あと、映画をたくさん観たと自慢した人に結構いるのが「1.2倍速で観ました」という人。映画は思索の時間や衝撃のタイミングなども緻密に計算して「時間を管掌する芸術」なので、監督の意図した時間速度で観て欲しい。」

2020-03-27

ニュース系より。
「5月2日~5日にかけて東京ビッグサイトで開催予定だった世界最大規模の同人誌即売会コミックマーケット98』が、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により中止となったことが27日、公式サイトおよびツイッターで正式に発表された。開催中止は史上初となる。」
3月22日に開催予定だった第四回文学フリマ前橋、5月6日に開催予定だった第三十回文学フリマ東京も中止の発表。5月17日に東京ビッグサイト青海展示棟で開催する予定のCOMITIA132extraは、今のところ中止の発表はされていない。東京オリンピックは今年から来年に延期という話もあり、そうなると会場の使用不可はいつまで続くことになるのだろう。

名古屋より、Spotifyに寄せて。
「「炎のたからもの」すら入ってない。

ヤマトの三番まで入ってるのもない。

「心はジプシー」とか「真夜中のメリーゴーランド」も見当たらない。」
それはSpotifyのせいではなく探す場所が悪い。

「Wikipedeia、特に人物の記事と言うのは簡潔な表記なのに長編小説を読んだかのように強烈な印象を与えるものが多い。 時代の軸となる英雄には、その周りを探すとものすごく興味の湧く人物が必ずいる。」

2020-03-26

某所にて、「10代」をテーマにした1冊で完結しているライトノベルの話題。『ヴァンパイア・サマータイム』や『ブラインド・エスケープ』も挙げられていた。シリーズ化しなかったのを重視するとして、「10代」をテーマにしていない1冊で完結しているライトノベルの方が珍しいだろう。それで面白かったのを思い浮かべると……幻狼ファンタジアノベルズの水城正太郎『ロッド&ブレッド』。在りそうで無いのが菊地秀行で、ジャンプジェイブックスの『アギト』くらいかも。

ニュース系より。
「フジテレビ「サザエさん」のフグ田マスオ役、日本テレビそれいけ!アンパンマン」のジャムおじさん役で親しまれた声優の増岡弘(ますおか・ひろし)さんが3月21日午前2時53分、直腸がんのため死去した。83歳だった。」
上記の役とは別に、『魔法のプリンセス ミンキーモモ』のフェナリナーサ国王役や『タッチ』の朝倉南の父役、『亜空大作戦スラングル』のマジシャン役だった声が記憶に残る。どうぞ安らかに。

「あんまり怒らない人っていうのはね、怒らないんじゃなくって一定のラインを超えた瞬間にその人への興味をなくすだけで、決して怒っていないわけではないのよ。」

2020-03-25

名古屋は、次は「Lavender Boat」探しか、ZABADAKつながりだろうか。こちらはさておき、「Tom's Diner」が見つからないのは、探し方が悪いのだろう。

ふの付く某所より。
「>一年戦争末期を舞台に宇宙機雷の掃海任務についていた掃海艇と護衛のボール部隊がザクレロみたいな謎のMAに襲撃されるみたいな話書いてみたい
>処理途中の機雷の敵味方識別装置無力化して誘い込んで一矢報いるみたいなやつ
見たい!

二次ってweb小説だと結構原作沿い多くてこの手のオリジナルって埋もれやすいのよね」
オリジナルのキャラクターを主人公に据えて、細かいエピソードを挟んでいくけれど、大筋は原作沿い、というのが1つのパターンかな。「歴史の修正力」ならぬ原作の修正力。原作の舞台から距離を取れば、修正力の軛から逃れやすくなる、かもしれない。

「私たちは「他者を嫌悪することは悪だ」ということを、人権教育の初等課程で教え込まれる。その結果、成長して他者への嫌悪に直面した時、「私はこれに嫌悪を感じる」「しかし私は悪ではない」「ゆえに、私に嫌悪を抱かせる《これ》は、嫌悪して良い理由があるはずだ」という思考に陥る。」