嘘の息子覚書控え

本家の控え

2021-01-17

フレンチレストランでテイクアウトしたレバーパテ、セットで付いてきたバゲットだけでは足りずに、チーズフランスのチーズの無い部分にも塗って食べきった。オムライスとか、汁物を持ち運ぶのは大変そうだけど、レバーパテくらいならまた買ってもいい。美味しい。

Yさんに押し寿司を届けたついでに、かつてZが「仏への冒涜」と回想した合宿所の脇を通過、無糖さんの旧居や別宅を眺めつつ、万かつサンドを確保。もはや変わらない風景のほうが珍しい。

インテックス大阪では、関西コミティア60とこみっくトレジャー37が開催された模様。コミティアの方は分からないけれど、こみっくトレジャーは入場者が少ないという話や映像をいくつか見かけた。新型コロナウイルスの感染者は、大阪でもかなり増加しているようなので、中止になるかと思っていたけれどならなかった。でも、2月のコミティア135は厳しそうだ。国だったか都だったか、イベント人数5000人以下の要請が出ているようだけど、果たしてそれもいつまで許可されるだろう。

『裏世界ピクニック』、新番組。コミック版が分からないので、アニメに期待。

「神よ。我にノーリスクハイリターンを与えたまえ。」

2021-01-16

丸亀製麺、火曜日から鴨ねぎうどんが始まっていた。あんこうの天ぷらという見慣れない物も並んでる。鍋の具材ではないあんこう、食べたことがない。

某所より、『鬼滅の刃』の映画が漫画と同じ内容なので云々という話題。分かる気がするのは、『ONE』のドラマCD3枚のうち、ゲームの文章と(記憶の限り)同じだからという理由で、川名みさき編を聞き返さないから。あー、Google日本語入力、川名みさきは変換してくれないのか。意外。

某所より。
センター試験、会場が東京大学駒場キャンパスだったんだけど、友人が「2万円で東大の教員に消しゴムに拾わせる経験なんて2度とできない」とサイコパス仕草みせつけてた記憶しかない」
今年から、大学入学共通テストと変更になったそうで、『ARIEL』の頃の共通一次試験がまた遠のいていく。浪人生の悲壮感、最近は創作分野で見かけなくなった。見てる範囲が狭いだけかもしれないけれど。

「まだゾンビがその辺をうろうろしてるのに「もういいだろ!!俺たちは十分我慢した!!」とか叫んで外に出ていく人たちが描かれても「そんな判断ある!?」じゃなくて「そうなる人はいるんだよな」ってなる世界になったな。」

2021-01-15

一昨日にフレンチレストランまで遠征。時短営業対策で苦労しているようだった。夜間の部を早めても飲むのが早まるとは限らないわけで。

あれっ、最近のWindows Updateヒューレット・パッカード製品の一部には深刻なトラブルが発生する恐れがあるとか、知らなかった。ノートパソコンに再度のWindows Updateが来ていて、さっさと実行してしまったけど、何も起こらずに済んで良かった。

某所より。
「トレンドにあがってた商業BLを検索かけたら、昨今は闇オークションなんてないよってのがあって、確かになぁ…お忍び石油王も見かけなくなってきたし、生徒会が権力もたなくなってきたし、学園内ランキングも見かけなくなってきたよなぁと00年代を懐かしむ古のオタクムーブキメてる。時代の流れ、か…」
設定の流行り廃りはどこにでもあるもので、いつかは揺り戻しとかリサイクルも来るのだろうけど、知らない分野での初体験ならばいつだって新鮮。

ガンダムなら「SEED」、ウルトラマンなら「ティガ」、仮面ライダーなら「クウガ」からのが、それぞれ全部「新しいやつ」なんだけど、全然新しくないという。それ見てた子達はとっくに成人してるよ…」

2021-01-14

某所より。
「息子が国語で「ごんぎつね」やってるんだけど、「ごんぎつねは結末がないんだよ」と言うので詳しく教えてもらった。物語の基本構成は「設定」「展開」「山場」「結末」 の4つからなるが、ごんぎつねは山場で幕を閉じるのだと。4年生ってそんなこと習うのか!すごいな!

「文章を読んでどこが山場でどこが結末かってどうやって見分けるの?」「クライマックスが山場だよ」「読んでみてなんとなく盛り上がってたらクライマックスなの?」「密度が高いところがクライマックスなんだよ」「密度ってどういう風にはかるの??」

「一秒間にあったことを長い文章でめっちゃ細かく説明してるとこは、密度が高いんだよ」すげえ!!これを教える先生も、それを理解する息子もすげえな!!」
そういう密度を意識しつつ読書してみたい。

深夜、デスクトップにWindows Update。長くかかるかと身構えたものの、存外、早くに終わった。タスクバーが元の黒いままなのが謎。ノートパソコンの白との違いは?

「>毎月10日と20日に書店へダッシュ
わかるわースゲーわかるわー
中年になった今もたまにコンプティークテクノポリス
夢の中で本屋に買いに行くもの」

2021-01-13

ふの付く某所にて、倉田悠子の著書はプレミア価格が付いているという話題から、Amazonを覗いてみると……。
「吸血学園―ヴァージン・クライシス (ナポレオン文庫) 1994/01/01
浅利 準
文庫
¥109,005」
同レーベルでも1円の本もあるから、基準がよく分からない。

某所より。
「英語には「孤独」が二種類あります。一人ぼっちのさびしさを抱えた「ロンリネス」と、一人でもさびしくはない「ソリチュード」。一人で世界と向かい合い、心が静かに満たされてゆく孤独、「ソリチュード」を学ぶことができますように。」
OVA冥王計画ゼオライマー』の主題歌、「紅のロンリネス」のロンリネスはそういう感じ。スザンヌ・ヴェガの「Solitude Standing」はどうかなあ。あ、中森明菜の「SOLITUDE」なら、そういうソリチュードっぽい。

「30万あると困ってる友達とか大切な人を助けられたりするよ。大体の普通の困り事は10万あれば解決するから

そうやって友達や大切な人を何回か助けると「ああ、大体このくらいの出来事はこのくらいのお金でこうやって助ければいい方向に持っていけるかもしれないな」という当て感が効くようになってそれがマジでいつか役に立つよ」

2021-01-12

新番組『無職転生異世界行ったら本気だす~』、満を持してのアニメ化。1期では収まるまい。

ふの付く某所にて、『ノワール』の話題。
「動画のコメ見るとイタリアフランス方面の方々の
書き込みがアツいね」
You Tubeを流していて、「salva nos」や「canta per me」を歌う外国人を見たことがある。向こうでも熱心なファンがいるのだろう。コスプレイヤーもいるだろう。

酒屋にすず音が入荷していたので1本購入。アルコール度数は5%とあるから、ビールと同じくらいだろう。試みに検索してみると……公益社団法人アルコール健康医学協会というサイトに拠れば、ビールのアルコール度数を5度、日本酒のアルコール度数を15度で計算している。1%=1度として、すず音のアルコール度数は、一般的な日本酒と比べると相当に弱いみたいだ。それでも空きっ腹に入れるものではない、うん。

「例えば以前アキバにこんな店があったとか、イベントでエモい瞬間を目撃したとか昔の思い出話はどんどん共有していかれるべきだと思うんだな。一方でその楽しい話の後に「それに比べて今の○○は……」とか続いちゃうとその昔話の輝きまでもが不思議と失われちゃうんだよな。」

2021-01-11

某所より。
「>誤解を恐れず申さば、俺様ちゃん観測範囲で云うと、セーラームーン同人隆盛の本質は「無条件参加が許された」だったンだよぬ。それまでは「わかってる者同士の内輪向けの嗜好品のやりとり」だったのが、セラムン以前以後では一気に即売会の景色も参加者の意識も変わってしまったのよさ。武装解除っすよ
同人ジャンルの大変動が起きたことは覚えてます。それまでは厳然と男女間のジャンルの垣根的なものがあったのがみんながハマるジャンルとしてかなり敷居が低くなった感じというか。色んな人がセラムンやってて。女性向けジャンルの作家が男性向け美少女系に流れてくる現象もこの頃だったかと。」
当時の同人ジャンルに関しては詳しくないので実感が沸かないものの、1993年12月より公開の映画『劇場版 美少女戦士セーラームーンR』は、建前としては女性向け(女児向け?)でありながら、いわゆる「大きなお友達」が客層に目立っていたのを覚えてる。あそこでハードルが下がった、というのもうなずける。

「私は地下鉄神保町駅の階段を、手すりにすがりながら一段一段おりた。この階段をおりるのも今日が最後と思ったとき、足下から何かがはじけた。」