嘘の息子覚書控え

本家の控え

2021-07-31

「子供の頃は「八犬伝は28年の歳月をかけて完成した」とい聞いて驚きましたが、『ガラスの仮面』や『王家の紋章』を知っている今だと「28年でちゃんと完成したら良い方じゃないか」と思ってしまう。」

「(世紀末オカルト学院
>あの学校の特殊な教育というのがシュタイナー教育なんじゃないかと指摘されてて複雑な気分になった
ムー監修なだけあってその辺はガチガチのガチらしいからな…」

「>もうとっくに終わってサイトすらなくなった担当ソシャゲのキャラの服を
>女性に着て眺めさせてほしいってゲーム開発者の「」が言ってた
これに対して
>「」が天馬博士って呼んでた
この返ししてるのリアルタイムで見たら声出して笑っちゃうよ
例えが秀逸すぎる…」

「学生の時、少女漫画で「彼女の為に喧嘩する」みたいなシーン見て「カッコいい」って思ってたんだけど、今読むと「もっと丸く収めろや」と思ってしまって本当にダメ。加齢って怖い。」

「園児ぼく「かめんらいだーになる!」
小学生ぼく「お笑い芸人になりたい」
中学生ぼく「理系の仕事につきたいな」
高校生ぼく「電気に関わる仕事したい!」
大学生ぼく「テレワークで働きたい」
今ぼく「主人公のことを"少年"って呼ぶタイプのミステリアスなお姉さんになって悠々自適に暮らしたい」」

「30代半ばでやっと分かった強いメンタルを保つ為の考え方は、「全員から好かれることはできない」「正論を言ってもダメな時はダメ」「言わなきゃ分からない人は、ほとんどの場合言っても分からない」「陰口や悪口を言われる原因の9割は嫉妬」「自分と自分が好きな人の気持ちだけ考えて生きればいい」。」

「>診療科によって病室の雰囲気違うもん?
小児科病棟は特にね
アトラクションのお仕事でヒーローの格好して行ったことがあるよ
半人前だったけどね
花輪とかクレヨンで描かれた似顔絵が飾られてて小学校みたいだった
子供たちみんなすごく喜んでくれた
倉庫に帰る途中運転してた社長が「あの子たちの半分はお前が一人前になるまで生きていられない。今日お前が見せた演技があの子たちにとって最高のヒーローになる。これからもいい仕事しろよ」って言ってきた
涙が止まらなかった
今も一生懸命仕事に取り組んでる
最高のヒーローを見せたいから」

「ロマンティックな狂気は存在しないし、描くなら真摯に描くしかない。」

「>海底要塞相手にルストハリケーンで煙幕してからのおじいちゃんマジンガーは無敵なんだねは控えめに言っても最高
サルード受け止めは漫画版最大の見どころだと思う」

「「描かれていない」ということは、そのキャラクターを描く上で必要ないと判断された、ということだ。」

「異常なほど沈静して自分が平静だと言い聞かせるのもパニックの一種」

「すごく長生きした老人が「(仲良しは)みんないなくなってしまった」と言うのを見るけど、自分はそうなるにはまだ時間があるけど、だんだんそっちに行くんだなあというのは、ひしひしと感じる。適当なところでお迎えがくるのも、天の恵みなんだろうなと思う。」

以上。

2021-07-30

BSプレミアムで毎週水曜夜に放送していた「刑事コロンボ」が全話終了したそうで、8月からは英国グラナダTV製作による「シャーロック・ホームズの冒険」が始まるのだとか。来週は番組紹介の特番で、ドラマの放送開始はその翌週から……らしい。

チョコ味と紅茶味のロールケーキを再びと思ってケーキ屋を再訪してみたら、紅茶味が姿を消して、代わりに黒糖味が。悪くなかったけど、無くなると気になるのが困りもの。

『マリアの仮腹』、ハンカチに残したXXXマークの意味は何だろう。と言うか、どれだろう。マリアの側が終えたという信仰は何だろう。父親、そんな一言で片付くものだろうか。

短時間ながらも激しい雷雨で電柱工事の業者が撤収するほど。パソコンは大丈夫かな、危ないかな、と気にしてる間に雷鳴は去っていった。危機意識が足りない。

プランターに植え替えた得体の知れないミニトマト、熟した実が割れてしまったので初収穫。

「ゲームとかだとより顕著ですけど、オタクが初見の感想を吸いたがるのは「初回の体験」だけは何をどうしたって自力では一度しかできないものなので、体内で作れない栄養素みたいになっちゃうんですよね。」

2021-07-29

ふの付く某所より、アフタヌーン四季賞2018秋佳作、白上一晴『マリアの仮腹』がなぜか話題に。以下、コミックDAYSの作品説明より。
「靴磨きの少女と、彼女に聖母性を見出す金持ちの男。身分違いの2人の人生が、稲妻のように交差する! 」
モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイトのモアイでも読めて、見開きか縦スクロールかの違いがある。タイトルや最後のページの吹き出しにあるように、信仰にまつわる物語、なのだろう。互いへの信仰、難しくて一読しただけでは把握しきれないし、何年か後に読み返しても感想が変わりそうだ。どうしてペネロピが2人登場するのかは、写真立てを見た件から、おそらく父親が同じなのだろう……という推測は、ふの付く某所の指摘があるまで気付かなかった。作者名で検索しても他の情報が出てこないので、現状、これ1作のみらしい。惜しい。

「パートナーを探してるオタクにお伝えいたしますが「オタク趣味に理解のあるパートナー」より「どんな奇行をしてもそれが家庭に害を及ぼさない限りは冷めた目で『はいはいまた発作ですか』とスルーしてくれるパートナー」を探したほうが幸せになりやすいかと思います」

2021-07-28

某所より。
「「新海誠と言えば、君の名は。でも秒速5センチメートルでもねぇ、minoriだ!」と主張するオタクも少なくないでしょう。中には新海誠と言えばイースだ! という方も居るかも知れません。」
未だに『ほしのこえ』の予告編2に囚われて、『天気の子』を観ても、そこは上書きされていない気がする。劇場公開する前、予告編がネットの一部で話題になっていた頃だと、ゲームの仕事と関連付けて紹介する声は見なかった……かな? あったかもしれないけど、大きな声ではなかったように思う。

某所より。
「あれほど連れて行った公園も水族館も遊園地も息子氏は全くおぼえていない。子供のためだから仕方ないやと出かけていたあの夏休みの日々は親の記憶のためにあったんだと今になって思う」
一般に就学前だと記憶に残らないと言われてるそうだけど、今だと画像を山ほど残せるから、もうちょっと早くから覚えていられるかもしれない。デジタルは危険だから一部は印刷するのがベターという意見も。

「オタクがあれこれ喋るのタバコふかしながら聞いてるのに結局「え?全然わかんない笑」で終わらせてほしい、俺の話も、命も、夢も…」

2021-07-27

有沢佳映の『御庭番デイズ 逢沢学園女子寮日記 上』をパラパラと。男子寮もあるのか。

某所より。
「新潟旅行に行った時タクシー運転手にオススメのお店聞いたら「吉野家ですね」と言われてバカにされてるのかと思ったら「新潟は米と水が違います。普段食べてるものが段違いに美味しいのがお分かりいただけるのでその後有名店を堪能してみてはいかがですか?」と言われて、なんか感動してしまった。」
かつて、理事会の新潟オフ会があった折り、何食かはしたはずだけど、味覚の記憶がまるで無い。水の味の違いで思い出すのは高知旅行の方だし、米、米、どうだったかなあ。わざわざ泊めてもらって、食事はさすがに出なかっただろうから外食……ではなくて、店で買ってきたものを、かなあ。

セラコンの某氏、遠くではなく近くの桃のタルトを堪能したらしい。

「もし江戸時代に与謝蕪村が「月は東に日は西に」を詠まなければ、2003年にエロゲ『月は東に日は西に』は登場せず、省略形式「はにはに」「けよりな」は確立せず、2018年に『宇宙よりも遠い場所』が「よりもい」と呼ばれることはなかった。そしてこのツイートも存在しなかった。バタフライエフェクトだ。」

2021-07-26

あれっ、今野敏が「電撃ホビーマガジン」で連載していた「アドバンス・オブ・Z~ティターンズの旗のもとに~」は他の場所で続いてる? それとも別物?

ふの付く某所より、東京五輪馬術競技が開催されている世田谷の馬事公苑は、売店でアイスクリームを買って、座りながら馬を眺められる素敵なスポットとのこと。
以下、某所より。
「【馬のパスポート】
オリンピックに出場する馬はパスポートを持っています。これは
国際競技会に出るために必要なもので、FEI(国際馬術連盟)が発
行します。馬名、品種、生年月日、特徴、ワクチン接種などの情
報が記載されている、いわば身分証明書。人のパスポートは顔写
真が貼付されますが、馬の場合は図示。顔や肢の白徴(白い模様)
やつむじが描かれています。」
別の某所に拠ると、日本からアメリカに競走馬を輸送していた初期は、暴れたら機長の権限で射殺する旨の同意書を書かされていたのだとか。

夜半、体操と卓球でメダル獲得で思わずASAにメール。このところ生存確認できていない。

「>三点バースト火縄銃は作品で使いたくなる魅力を秘めてるのが困る
文字媒体だからこそ光る可能性を秘めているな」

2021-07-25

テレビでチラッと昭和歌謡の番組を……と、これは昨日の話。細川たかしのデビュー曲「心のこり」が流れて、冒頭の歌詞を聞いた途端、笑い出す。細野不二彦の『東京探偵団』を思い出したからで、ジャッキーと高楊枝の刑事が窃盗団に拉致されたのだったかな、「金庫の開け方を教えろ」「音声センサーは大声じゃないと反応しない設定になってる」からの展開は、今でも鮮明に思い出す。単行本を処分したのは失敗だった。CJカードってスマホを先取りしてたなあ、電話をかけるのに公衆電話を通すのが必要だったあたりは1980年代半ばだから仕方ない。「少年ビッグコミック」は面白い漫画がいろいろ連載されていた。月2回刊だったか、そこはもう忘れてた。

別の番組では「赤い花白い花」が紹介されて、こちらは『そらのおとしもの』を思い出した。早見沙織は歌が上手。

「主人公以外に惚れてた過去があるヒロインに対して「精神的に非処女」と言い放つ過激派ユニコーンの友人が居ることは前に話したけど、その友人に「R18二次創作がネットに出回ってるヒロインは概念的に処女と言えるか?」と質問したところ、苦渋の表情で「……言えない」とのこと。彼の戦いはまだ続く。」